Message from Our President
箕面千里中央ロータリークラブ 会長挨拶

箕面千里中央ロータリークラブ

2015〜2016年度 会長  奥井正光  

箕面千里中央ロータリークラブは
こんなクラブです

2015〜2016年度 クラブ運営基本方針 

はじめに

 入会してまだ4年にも満たない、そして7月で91才の高齢になった私が会長の重責の任にあたることになりました。

 体力も落ち、記憶力の低下も顕著になってきました。皆様のご期待に添うことはできないと思いますが引き受けたからにはそれなりに努力したいと思っておりますので、ご指導、ご教示を頂きますようお願いを致します。

 あるアメリカの心理学者が18才で夢も希望もない若者は精神年齢は老人の域で生きている。70才にして将来の夢と希望に生きている人は未だ青年の域で生きていると言っている言葉が私の心の中に残っております。医者の日野原先生は100才を越えた今も5年後の計画が描かれているとか。私もこんな言葉を励みにして努力したいと思っております。

 私はいつも「ワンワールド」を理念としております。

 世界の国々はこれを目指しておる筈ですが、現実は全く混沌として各地で紛争の絶えない状況が続いております。

 世界が自滅しないことを祈るばかりです。私はたとえ一粒の種になれなくてもこの気持ちを忘れないで努力したいと念じております。

 RIロータリークラブの過去の年度テーマ「奉仕を通じて平和を」「超我の奉仕の理念」大阪2660地区の「感動の体験を」、今年度K.R.ビンドランRI会長の「世界のプレゼントになろう」今年度大阪2660地区立野純三ガバナーの方針

「変革を!ロータリーを通じて奉仕を!」これらはすべて世界の平和、ワンワールドに通じるものと勇気づけられております。

 私はお会いしたことはありませんが、わがクラブでお世話をした現在国連の難民高等弁務官事務所で活躍されている土井悠子さんは緒方貞子さんの後を追って活躍されていると聞いております。この由緒あるクラブに所属していることを誇りに思います。

 老骨に鞭打って経験豊かで意欲に富んだ山口幹事さんに助けて頂きながら務めを果たしたいと思っておりますので重ねて宜しくお願い致します。

 2015年―2016年クラブ運営基本方針

 箕面千里中央ロータリークラブ24名の平均年令は70才を越えています。しかしRC20年以上の経験者が15人もあって運営のバックボーンとなって活躍しております。また、最近若い会員の入会があって地区から表彰を受けました。各部門や委員の役割をいち早く理解して能率的に処理をして会に新風を吹き込んで頂いており、会の発展に寄与して頂き嬉しく思っております。

 今年度の基本方針はK.R.ラビンドランRI会長の方針に基づいて、第2660地区方針「変革を!ロータリーを通じて奉仕(プレゼント)を!」です。

活動の重点

1、国際奉仕への継続
  ・日系フィリピン人のために日本語教室を経営しているNPO非営利法人市日系人ネットワークへの援助

  ・スリランカ奨学金支援を継続する

2、地域への奉仕と交流の活発化

  例:

    ・在日外国人から日本滞在の所望

    ・外国生活体験者から体験談を聞く(企業・外交・ボランティア等)

    ・地元イベントやお祭りに参加する(継続)

3、フィリピン・東マンダウェーRC(Mandawe East Rotary Club) 第3860の交流

4、「戦略計画」の理解と実施

  委員会設置に当って検討事項

  ・委員会構成と理事会の関連

  ・財政の問題・会員増強の問題

  ・各部門との関連

  ・その他

5、各部門の活動は計画を立てて実施する

6、女性会員について

  適任者があれば女性も会員募集の対象とする。

    




2015〜2016年 クラブ運営基本方針

 幹 事   山 口 誠 治

今年度幹事を勤めさせて頂きます。幹事は2回目で、前回は西田会長のときです。当時国際奉仕として当クラブ独自事業でスリランカ孤児の資金援助、里親制度を行い現在も実行されております。今年度奥井会長は単独で数十年各外国留学生の住まいの支援、及びフィリピンの離島の貧困な児童、戦争日系孤児、戦後日本に出稼ぎ、日本人との間に生まれた児童、孤児達に支援する現地NOPに対する協力を行ってこられました。会長は91歳で多分DISTRICT2660で一番の高年齢の会長と思われます。また会長経験もまだ浅く会員各位の一層のご協力をお願いいたします。

20152016D2660の方針として各クラブに於いて、戦略計画委員会を立ち上げていただき、各クラブの中長期計画をねってもらいたいとのことです。会員基盤が年々弱体化し、クラブ存続の危機に発展しかねない現実において、当クラブの喫緊の課題を会員一同共有し、今一度クラブ運営についてのあり方を考え変革をしようと、言うことです。このことにつきましても会員各位のご指導をお願いいたします。

     

 

HOME箕面中央RC概要メンバーリスト